2012年12月10日 (月)

通信 第49号 2才

どうもです
やまねこ@12月だという実感がわきません

今月だけじゃなくて、11月も10月も9月も…毎月カレンダーが変わるたびに
時間の流れの速さに驚いてしまいます

そしてようやくその月に慣れたころ、翌月になってしまってまた驚く…の繰り返しで
1年を過ごしている気がします(・ω・)








今回は、そんな時の流れの速さを感じる話をしたいと思います


おかげさまで、先月ちびねこが無事に2才の誕生日を迎えることが出来ました


A

上の絵ではちゃんと二本指を出していますが、実際はこんな感じ






B

「今、何歳?」と聞くと、ダチョウ倶楽部ばりのかけ声と共に必ずこのポーズ
まだうまく人差し指と中指を出せない2才児です。。。

うまく出せる頃には3才になってたりして(・ω・;)





そして生まれた頃と比べると、随分身体も大きくなりました



まずは手

1_2 



2



続いて足


3



4_2



そして全部

5__2



6

こうして見比べてみると、いつの間にやらそれなりにでっかくなってます…
もうホニャホニャした赤ん坊ではないのかと思うと、不思議な気もします



2歳児になっても、たらふく食べてグーグー眠って、楽しい幼児時代を過ごしてほしいです


7_2





さて、、、
いつもはちびねこについてはネタにしたりふざけてばかりですが、
誕生日ということで、あれこれ思いつくまま書いてみたいと思います



・最近のブーム

みかんです
この冬はとにかくみかんへ愛を捧げています(・ω・)


みかん好き自体は構わないのですが、最近ちょっと困ることも

毎回、大事に一房ずつ食べているのですが、最後の一房になると、
ずっと大切に口の中に入れてガムのように噛んでます
みかんとさよならするのがそんなに悲しいセンチメンタル2歳児なんだろうか…


と思いきや(・×・)

大切に噛み続けた結果、薄皮だけになったみかんを口の中から出して、
なぜかこっそりいろんな場所に置くちびねこ


大抵はすぐに見つかって片付けるのですが、前に一度、置いてあることに気づかぬまま
時間がたったことがあります・・・


そしてある時、ふと見ると洗面所の隅の方に、からからに干からびた黄色い物体が(・ω・)
もちろん正体はちびねこが置いたみかんの薄皮です


パリパリに干しあがった薄皮を拾いつつ、思わずモズのハヤニエを連想してしまいました





あれ?
思い出話などを書いていくつもりがいつの間にやらふざけた話に(・×・;)
なんでだろう…


気を取り直して続けたいと思います(・ω・)/





ちびねこが生まれてから、あれこれあったと思うのですが、
とりあえず私自身のキャパシティの小ささを改めて実感した2年間でもありました


今はだいぶ落ち着いてきたのですが、生後1ヶ月頃~1歳くらいまでは、
メガネコが不在で国内にいない事が多かったです


今振り返ると認識が甘かったと思うのですが、当初はメガネコや親戚が常時近くに
いなくても、自分ひとりでもまあ何とかなるかと思ってたところがあります…
↑ほんとーーにバカ


いやー甘かった(・×・)
もっとテキパキしてる人ならともかく、自分を分かってなさ過ぎた(・ω・;;)
出産後、全てにわたってサポートしてくれた優しい義母が帰った後、
自分の能力のなさが露呈して、毎日がてんやわんやでした

私ひとりだった頃はそれなりに出来ていた事が、本当に小さい赤ん坊ひとり増えただけで、
こんなにも出来ない事が増えたことに驚いてしまいました
自分の要領の悪さや知識のなさに、24時間フル突っ込みしても足りないくらいです


赤ん坊時代のちびねこは、ありがたいことに大病はなかったのですが、
わりと病院に行く事が多い赤子でした

生後1ヶ月頃に体調を崩して1ヶ月検診が遅れたり
その後の引越しのてんやわんやでお宮参りの機会を逃したり


生まれてはじめてのクリスマスの日は、病院のベッドの上で眠るちびねこに
付き添っていたのですが、その時は、せっかく腹から元気よく飛び出てきてくれた
ちびねこに申し訳ない気持ちで寝顔を眺めていたのを覚えています


ちなみにその時は、自宅から遠距離の医療センターで24時間付き添いだったために
なかなかお風呂に入れず、きっと臭かったであろう私に抱かれるちびねこは
さぞかし迷惑だっただろうと思うと、そういう意味でも大変申し訳なかったです(・ω・;;;)



こんな機会でもないと絶対書かないと思うのですが。。。
普段はネタにばかりしていますが、ちびねこにはいつも助けてもらっていると思います


赤ん坊に助けてもらうってどういうことなんだ…(・ω・)と疑問に感じると思うのですが、
乳児時代のちびねこには、いまだに恩義を感じる思い出がいくつかあります



南国から関西へ引っ越す時、ちびねこが寝たすきを見計らって少しずつ荷造りを
進めていたのですが、もう今日頑張らないと間に合わない(・×・;)!という時が
ありました

ちびねこの様子をうかがいつつ授乳していたのですが、いつもはわりとすぐに起きて
泣くちびねこが、その日はなぜか爆睡してくれました

うおお…と思いつつ、大急ぎで荷造りを進めて、無事に間に合うことが出来ました
普段は別に空気が読める赤子ではないので、心底ありがたかったです(・ω・)



それからもうひとつ

無事に引越しを終えた後に、いろいろな手続きのために市役所に行く機会がありました
まだ首が座る前だったので、横抱きが出来る抱っこ紐でいざ出発!までは
威勢がよかったのですが、引っ越したばかりでバスの路線を間違えたり、忘れ物をしたり、、、
私が救いようがないドアホなせいで、ちびねこも道中ぐずり出してしまいました


困ったなあ…と思いつつ、市役所の中に入ったところ、すぐにちびねこが寝始めました

(・ω・)!!

これまたうおお…と思いつつ、大急ぎで諸手続きに取りかかりました
普段は別に空気が…(以下略


冷静に考えると、単に赤ん坊の眠るタイミングがたまたま合っただけだと思うのですが、
当時の私にとっては本当にありがたかったです
一宿一飯の恩義ならぬ、二睡の恩義です

って、ちびねこ本人は、眠っただけで感謝されて訳が分からないかもしれません(・ω・)




そんな乳児時代ですが、最初のころは私1人と赤ん坊、という感覚を持っていました
そのうちだんだん、私とちびねこの2人、と人数が増えたように感じることが
多くなってきたように思います


最初は100%完全にサポートが必要な物体だったのが、だんだん自我が芽生えて
出来ることも少しずつ増えて、1人の人間としてちびねこなりの人生を
進み始めているのかなあと思います

とはいえ、まだまだ赤子に毛が1、2本生えたような段階なのですが(・ω・;;)



正直な話、いつかは離れる時は必ず来るし、将来的に成人したちびねこに対して、
全力で愛情を注いだら、きっと全力で嫌がられるような気がするので、
今現在の、向こうから一緒にいてくれる時期は、それなりに楽しい時間を
作ってあげたいなーと思います



そういえば、私自身が小さかった頃は、親との生活からいつか離れることなんて
あまり考えてないで過ごしてました…

進学して、社会人になって、1人で生活するようになってだいぶ経ったころ、
親と暮らした時間は、人生の割合で考えると実は想像してたより
ずっと短かったことにふと気がつきました


ちびねこがいつか独り立ちするまであとどれくらい一緒に暮らせるのかは不明ですが、
そばにいる時間はとりあえず無限ではないというのを、アホな脳みそのどっかに
入れておきたいです


と書いてるそばから、ちびねこが私の腕の上にちぎったティッシュをどんどん乗せてくるし、
「ババアー」「ババアー」と気になる台詞を連発するし、つい日常に追われて
バタバタしてしまうのですが、、、

1000バタバタの合間に1回くらいのペースでも、日常を大事なものだと
思い出せたらいいかなあと思います

って1歩も歩いてないのにいろんな事をすぐ忘れるような、
ニワトリ以下の記憶力の私には無理かもしれないのですが(・×・;;)


とにもかくにも、誕生日が無事に迎えられたことに感謝したいです
ちびねこに楽しいことがたくさん起きるように、自分に出来る範囲で
いろいろ振りまいてあげられたらなーと思っています


8


それから

基本的に根暗なので1人で考えることが多い私なのですが、
ブログを通じてたくさんの皆さんにちびねこの成長を喜んで頂いたり、
しょうもない記事でもコメントを頂ける事は、本当にすごく励みになっています


ストレートに言葉を選ぶと気恥ずかしさに負けてぶっ倒れるタイプなのですが、
ブログを通して仲良くして下さっている皆さんにはいつもすごく感謝しております(*・ω・*)
本当にありがとうございます



D



ああ~
誕生日とはいえ、長々としょうもないことを回想してしまったような気がします・・・
本当に申し訳ないです(・ω・;;;)


最後までお付き合い頂いて、ものすごく感謝しています
ありがとうございました^v^!!












***************☆★☆★***************


いつもコメントを下さってありがとうございます
全部のコメントを楽しく拝見しております^v^
ありがとうございました!^^



☆こちらのブログには非公開コメントというのがないみたいなので、
もし非公開にしたいコメントや、私への直接のご連絡等がありましたら
旧ブログのメールフォームから、やまねこ宛にご連絡頂ければ幸いです^v^
(トップページの左上のメールフォームです)

旧ブログ「南国通信」

http://cheesekamaboko365.blog15.fc2.com/


お手数をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願い申し上げます<(_ _)>



***************☆★☆★***************



↓よろしかったら一押しお願い致します

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

通信 第46号 サンドイッチとマトリョーシカ

どうもです
やまねこ@足の小指を強打しました

あまりの痛さに思わず涙ぐんで足を押さえていると、ちびねこが近づいてきました
どうやら私が遊んでいると思ったらしく、ちびねこがおもむろに手を伸ばしました



ポン


ぎ(゚д゚##)


私の足をさわるなーーーーー


あまりに小指が痛いので、小指本体には直接さわれないで、
周辺部分を押さえていたのが裏目に出ました

がら空きだった小指付近をタッチされて、痛さに悶絶する私



ぐおおああああうぉぉ



私のあまりの形相に恐れをなしたらしく、ちびねこが怖がって泣きべそをかき始めました


な、泣くな
泣きたいのはこっちじゃ…!!

泣く子をあやしつつ、頭を駆け巡るのはこんな歌たち


♪泣きたい時~はー コートで泣けーとー


今すぐ行くからコートってどこ!!



♪だって涙が出ちゃう 女の子だもん


もう女の子って年でもないですけど涙出ちゃうもん!!



この時の私にピッタリの涙の歌は思い浮かばず、
懐かしアニソンばかりがムダに脳内を流れます



テニスもバレーもやってない、いい年こいた女が泣いてもいい歌、
ピッタリなものがあったら誰か教えてください…(・□・。)
次回からはその歌をテーマソングに頑張りたいと思います






☆エースをねらえ!

☆アタック№1



…えー、前置きが非常に長くなりました
痛さのあまりおかしくなったテンションを戻すためにも、本題に入りたいと思います(・ω・)




我が家にはちびねこのおもちゃがあれこれあるのですが、
中でも最近、ちびねこがご執心のものがあります





Photo_2 

一見何だか分かりませんが、サンドイッチと間に挟む具のおもちゃです

実際に挟んでみるとこんな感じ



2_3

これを付属のおもちゃの包丁で切ったりして遊びます
ちなみに一番右の上部のパンがないのは、ちびねこがどっかに持っていったまま、
現在も行方不明なのであります(゚0゚)



それからお気に入りがもうひとつ



3_2

マトリョーシカ軍団です

小さいのを大きいものの中にしまったりして遊びます



3_b_2

これらはどっちも、しまじろうの教材についてくるおもちゃなのですが、
とにかくちびねこの食いつきがものすごいので重宝しています(・ω・*)



これらを組み合わせて、マトリョーシカにサンドイッチを作ってあげたり半分こしたり、
いろんなままごと遊びが楽しめる仕組みなのですが・・・
ちびねこはそういう遊び方はあまりした事がありません(・×・)


実際、どうやって使うのが好きかというと、こんな感じ















4

トーテムポール(・ω・)!!


パンと具は食材としてではなく、塔として見なされているようです
そしててっぺんにそびえ立つマトリョーシカ
もはや何かの守り神のようなポジションです(・ω・;)




普段はこんな具合に手に持ったままあちこち移動しています



4_b

この姿、本当に我が家では毎日見ています
あまりにも見慣れてしまい、私もだんだんサンドイッチが塔にしか見えなくなってきました(・ω・;;)


そしてお気づきかと思いますが、上に乗せるマトリョーシカは必ず緑色…!
なぜか不思議な事に、ちびねこは必ずこの緑色のやつを上に乗せるのです

最初のマトリョーシカの集合写真にも緑がいなかったのは、
ちびねこが手に持っていたからです・・・



本来ならば、こんな感じで楽しいままごと遊びをするはずが…



5



我が家ではいつもこんな感じです



6_



この状況、他のやつらはどう思ってるんだろう(・ω・)


7_

必ずトーテムポールの上に祭り上げられる緑色のやつに、ひそかに同情してるのかもしれません







しかし、ちびねこは本当に緑色しか受け入れないのか
これまで何回かやってみたのですが、再度検証してみたいと思います(・ω・)/



まずはてっぺんのマトリョーシカを緑色→別の色に入れ替えます
大きさで選んでるかもしれないので、同じ大きさの赤色を選びました


それでは携帯カメラ片手に、検証スタートです



8start     



9_2 

おっと早速ちびねこがやってきました
そしておもむろに赤に手を伸ばす!!



10

力まかせに引っ張ります(゚д゚;)



12

まずは上半身をはずした!!



14

下半身にくっついたパンを取り外しにかかります



15

はずれたーー!!(ものすごいドヤ顔)



17

あ━━Σ(゚д゚;)━━っと!!

迷うことなく緑色に手を伸ばしたーーっ!
頭からむんずとわしづかみ
他のやつには一切目もくれません!



18

よいしょ…
(他のやつら呆然)



19

あっ
間違えた
(我が子ながら意味不明



20

ガシーーーン!!



21finish

完成…!!
(大変満足した顔つき)



――――検証終了――――


…やはりちびねこは緑色しか愛せない男のようです(・ω・;;)

しかしなぜなんだ~
もう少し大きくなったら、ちびねこにぜひ聞いてみたいと思います





そんな訳で、ちびねこは愛しのトーテムポールを当然のように寝床にも連れて行きます

最初のうちはおもちゃ箱に片付けて寝かせようとしていたのですが、毎晩大号泣
トーテムとの別れを惜しんで眠りません


仕方なく手渡したところ、手に持ったまま喜んで寝床に行ってくれるようになりました
部屋の電気を消してしばらくはゴソゴソしてるのですが、徐々に眠くなってくると
トーテムを握っている手の力が弱まります


手から離してくれるのはありがたいのですが、、、
先日、ちびねこが離したトーテムが私の顔面に思いっきり激突Σ(゜ロ゜lll)


い゛ た゛ い゛!!

けど騒いだらちびねこが起きるので無言です
この時も頭の中では、コートで泣く曲と涙が出ちゃう曲がヘビーローテーション


ちびねこよ
寝床の中ではぬいぐるみとかタオルとか、ソフトタッチなお友達を選んで眠っておくれ(・ω・。)


ちなみに眠った後のちびねこです…



24_2

どんだけトーテム好きなんだ…(・ω・;;)
私にもその良さがいつか分かるようになるんだろうか





そんなこんなで、どうにか寝かしつけを終えて部屋の外に出た私の眼に映ったものは




25end

戦いすんで日が暮れて
そこはかとない悲哀を感じます




散らばったおもちゃたちを片付けつつ、
「お前らには私がいるぞ…!」と思わずマトリョーシカに話しかけたいような気分になりました(・ω・;;)








今回、今までで一番画像が多くて長かったと思います・・・
最後まで読んでくださってありがとうございました!!^ω^



***************☆★☆★***************


いつもコメントを下さってありがとうございます
全部のコメントを楽しく拝見しております^v^
ありがとうございました!^^



☆こちらのブログには非公開コメントというのがないみたいなので、
もし非公開にしたいコメントや、私への直接のご連絡等がありましたら
旧ブログのメールフォームから、やまねこ宛にご連絡頂ければ幸いです^v^
(トップページの左上のメールフォームです)

旧ブログ「南国通信」

http://cheesekamaboko365.blog15.fc2.com/


お手数をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願い申し上げます<(_ _)>



***************☆★☆★***************



↓よろしかったら一押しお願い致します

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

通信 第33号 近況

どうもです
やまねこ@ご無沙汰しております




いつの間にか6月になっていました

あっという間にカレンダーも6枚目・・・
カレンダーを心から愛しているのに、今年はあまりカレンダーを愛でる余裕がなかったのが
返す返すも残念でなりません

残りのカレンダーを、今年前半の分まで凝視したいと思います





しかしあれです
いろんなことがあったのですが……

もはや逆に思い出せない(・ω・;;)


「 人間は忘れる生き物だ 」 という言葉にすがり、
自分も人間だったんだ!と強引にこじつけたいと思います

この場合、「人間は考える葦である」という言葉は忘れてしまおうと思います…
忘れる生き物成分、フル回転で活用中です(・ω・)





そんな中でも、うっすら覚えていることも・・・




まず、今年の風邪はとにかくしつこかったです(・ω・。)

しかも私と子供の間で、交互に引いて治ってまた引いて…のエンドレスコースorz


もはやシロヤギさんとクロヤギさんの往復書簡ばり


♪ちびねこさんから風邪菌付いた やまねこさんたら風邪菌もらった

~中略~

 やまねこさんから風邪菌付いた ちびねこさんたらまた風邪引いた

~以下エンドレス~



実際は同じ風邪菌だったかどうかは分かりませんが、とにかくしょっちゅう
体調を崩していたような気がします(・ω・`)


交互に引いてるぶんにはまだいいのですが、同時に引いてしまう時はさすがに若干弱りました


一度、二人して布団で寝ていた時に、日が暮れてだんだん部屋の中が暗くなってきました
ちびねこは具合が悪くても、絶対に食欲は落ちずに腹は減る子供なので、
夕闇と共に腹減りモード突入で泣き出しました

とにかく部屋の灯りだけはつけようと思うのですが、気持ちは動く気満々でも、
身体がなかなかついてこない

布団から出るのがどうにも難儀で、塩をかけられたナメクジばりのスローペースで
電灯のスイッチまでたどり着きました


そしてスイッチを入れて、部屋に灯りがともった時の感動といったら…
思わず涙目になってしまいました


電気がついただけでこんなに感動したのは、子供のころにやった理科の実験で、
乾電池に電流を流して、豆電球がついた時以来だったかもしれません(-・ω・+)


今年の梅雨に、ナメクジを見る機会があったら、思わず応援してしまいそうな気がします






それから…
これは忘れてない、というか現在進行形なのですが、、、
歯が痛い(・□・;;)

なかなか赤ん坊連れで行ける歯医者が見つからなかったこともあって、
痛みに気づいてないふりをしていたのですが…

徐々に増してくる歯痛

最初につれないそぶりをしたのがいけなかったのかもしれません
ものすごい憎たらしい感じで痛みが夜な夜な迫ってきました

「天までとどけ」 というドラマが昔ありましたが、この時の痛みは「脳天までとどけ!」
という感じでした・・・
これが歯痛なりの私への愛情表現だとしたら、もんのすごいドSです


市販の痛み止めもなかなか効かず、しまいには、もはや睡眠とかそんな状況では
なくなってしまい、、、

今となってみると我ながら不思議なのですが、何を思ったか不意に飛び起きて
歯の痛い部分に歯磨き粉を塗りつけました(・ω・;;;)


キシリトール成分入りだから、それが痛みを鎮めてくれると思ったのか…
我ながらどアホです
書いている今、改めて考えてもアホ過ぎる
でもその時は、とにかく痛みを鎮めようと必死だったのかもしれません


そんなこんなでどうにか歯医者に行き…
しかしどうにも行くのが遅かったらしく、いろいろめんどくさいことになってます(-□-;)


子供のころによく読んでいた 「ことばあそびうた」という 絵本で、
「ばか はがかけた がったがた」というフレーズがあったのですが、、、
最近その言葉が頭の中でぐるぐる回ってます(・ω・;;)


これを機に、歯の存在を改めて大事に噛みしめたいと思います(・ω・)/


☆ことばあそびうた





でもですね
残念なことばかりではなく、愉快なこともあったのです


・5月のお節句のころ、ちびねこは鼻をほじるのがマイブームだったらしく、
せっかくお節句の写真を撮ろうとしても、8割がた鼻をほじってる写真しか
撮れなかった



・ある日、床をしげしげと眺めているので、何を見ているのかと思って側に座ったら、
不意に床に落ちていた小さいゴミを拾い上げた

そしてしばらくそのゴミをじっくり鑑賞した後、おもむろに私の口にゴミを持った手を突っ込んできて、
強引に食べさせようとした(・ω・;;)



・たらふくご飯を食べた後、汚れた上着を着替えさせるために服を脱がしたら、
自分の腹がものすごく出ていることに気がついたらしく、
何度も腹をサスサスさすったり、ものすごい真剣な顔つきで自分の腹を
見下ろしていた






ちびねこと出会ってまだ1年半ほどですが、なかなか愉快な人と出会えて良かったと思います^m^
グダグダな親ですが、ちびねこと一緒に爆笑しながら過ごせるように頑張りたいと思います



まるで小学生の作文のようなシメになってしまいました…(・ω・)
精神年齢的には、ちびねこに追い抜かされる日も近いかもしれません




☆☆☆☆☆

もし、この記事を見てくださっている方がいたとしたら…

病んでいる間も来て下さってありがとうございました
とても嬉しく思っております

いろいろあって、記事を書いたり絵を描くという作業がなかなか難しくなってしまったのですが、
久しぶりに楽しい気持ちを思い出すことが出来ました


誰も見る人がいなかったとしても、誰かにお礼を言いたい気持ちになりました
ありがとうございました^m^


☆☆☆☆☆☆

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (29) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

通信 第31号 肝っ玉に憧れる

どうもです
やまねこ@ちびねこがらみで若干ドタバタしてました(・ω・;)

うちには救急車の音が出るおもちゃがあるのですが、実物を間近で聞くと、
あんなに不安であんなに心強い音はない気がします



おかげさまで今は落ち着いて過ごしています^m^
シーチーシーチー( ←最近の口癖 )言いながら、鼻水を両手でモシャクシャこすって
顔中に広げたりしています(・ω・;)




いやー

もともと小心な上に圧倒的に経験値が足りないので、初めての事態に遭遇するたびに
もう我ながらアホみたいにオタオタしてしまう




物事に動じない肝っ玉母さんになりたいっす





肝っ玉
レバーを毎日食べたら肝っ玉が強くなるだろうか

…ってすぐしょうもない方向に脳みそを使うから、いざという時に残ってないのかもしれない(・ω・;)





「北斗の拳」の登場人物で、山のフドウというキャラがいるのですが、
子供たちをいつも肩や身体に乗せてあげていました
気は優しくて力持ちなおじさんです

しかも強い(´∀`*)
ラオウと戦ってかなりの接戦…かっこいい人です


一時期ハマって、漫画喫茶で読んでいた当時は雲のジュウザという自由人的なキャラに
惹かれていたのですが、今はフドウのでかさに憧れます


もはや性別すら超越してますが、いつかフドウのような肝っ玉の据わった親になりたい…
と思いつつ、フドウは身長225センチ、体重270キロの大巨漢

・・・見た目の包容力という意味では、今から相当牛乳飲んで大盛りご飯を食べるところから
始めないといけないかもしれません(・ω・;)


南斗五車星








そういえば、肝っ玉という言葉を書いていて思い出したのですが、子供のころ読んだ昔話で
河童に尻子玉を抜かれてしまうという話がありました

それまで河童というと、何となく友好的なイメージがあったので、聞いたときは
かなり恐ろしかったです・・・


河童も怖かったけど、尻子玉という存在も衝撃的でした
ドラゴンボールに出てくる元気玉は言葉の響きも存在も素敵ですが、尻子玉…
言葉にインパクトあり過ぎですΣ(゚д゚lll)


尻子玉ってどこにあるんだろう…と子供ながらに尻子玉の存在について、
いろいろ考えていたのを思い出しました



今、書きながら気になって河童のウィキペディアを見ていたのですが…


以下引用文



「悪戯好きだが悪さをしない妖怪として伝えられる場合もあるが、
多くは水辺を通りかかったり、泳いだりしている人を水中に引き込み、
おぼれさせたり、「尻子玉」(しりこだま。尻小玉とも書く)を抜いて殺すなどの悪事を働く。
抜いた尻子玉は食べたり竜王に税金として納めたりする」



ん(・ω・)




抜いた尻子玉は食べたり竜王に税金として納めたりする





ぜいきん(・ω・;;)



河童社会でどんな税制度が成り立っているのかちょっと知りたくなりました…






そんなわけで、ブログもお久しぶりになってしまいました
ブログの更新がとまったら、またアホがドタンバタンしてるんだろうなーくらいに
思って頂けると嬉しいです^m^;;





近況報告のつもりがなんだか訳分からん話になってしまいました・・・
次回からはまたいつもどおりに描いていきたいと思います(・ω・*)/





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


いつもたくさんの楽しいコメントを残して下さって、ほんとにありがとうございます^m^
全部のコメントを拝見するのがいつもすごく楽しみで励みになっております

拝見しながら、爆笑したり気づいてなかった事に「あっ!」と思ったり、
補足して頂いたような気持ちになったり、ほんとに毎回楽しみです
皆さんのコメント込みで、記事が毎回出来上がってるような気分にいつもなります

そんな気持ちでブログをずっと続けてきたのですが、
せっかく頂いたコメントに、お返事が遅くなったりしてしまう事が多くて、
いつも申し訳なく思っております;;
いろいろ考えて、しばらくコメント欄を閉じさせて頂いております

遊びに来て下さる皆さんとは、これからもずっと仲良くさせて頂けたら嬉しいです
いつも本当にありがとうございます&これからもどうぞよろしくお願い致します^m^



やまねこ より

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




↓よろしかったら一押しお願い致します

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

通信 第26号 ヒーハーからのグデングデン

どうもです
やまねこ@白みそがなくなったので、今度は赤みそを買ってみました






前回に続いて、生まれたころのちびねこ話です

Junyu2_a


Junyu2_b

この小杉音、かなり印象的でした
記念に録音しようとしたのにすっかり忘れてたのを今思い出した…
書きながら愕然としてますΣ(゚д゚lll)


ショッピングセンターやデパートには、赤ちゃん専用の授乳室というのがあるのですが、
ちびねこの小杉音で他の赤ちゃんがビックリしたらどうしよう…と当時は割と真剣に考えてました。。。

でも、少し成長して外出できるようになった頃には、いつの間にか小杉音は卒業してました
ちびねこも照れくさくてやめたのかもしれません(・ω・)





Junyu2_c


Junyu2_d

母乳やミルクだけでグデングデン
当たり前なのですが、生まれたての赤ん坊だったんだなあと思います


Junyu2_f

自分の子供の未来予想図、思わぬ姿を妄想してしまいました(・ω・;;)



Junyu2_e

当時はゲップをさせるのにも慣れてなかったので、毎回食後はゲップをさせるのに
必死でした。。。
うまくゲップが出ると拍手喝采
生まれたての頃は出てくると大喜びされたのに、大人になったら嫌われてしまう…
ゲップ本人もしょんぼりしてるのかもしれません(・ω・。)




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


いつもたくさんの楽しいコメントを残して下さって、ほんとにありがとうございます^m^
全部のコメントを拝見するのがいつもすごく楽しみで励みになっております

拝見しながら、爆笑したり気づいてなかった事に「あっ!」と思ったり、
補足して頂いたような気持ちになったり、ほんとに毎回楽しみです
皆さんのコメント込みで、記事が毎回出来上がってるような気分にいつもなります

そんな気持ちでブログをずっと続けてきたのですが、
せっかく頂いたコメントに、お返事が遅くなったりしてしまう事が多くて、
いつも申し訳なく思っております;;
いろいろ考えて、しばらくコメント欄を閉じさせて頂いております

遊びに来て下さる皆さんとは、これからもずっと仲良くさせて頂けたら嬉しいです
いつも本当にありがとうございます&これからもどうぞよろしくお願い致します^m^



やまねこ より

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




↓よろしかったら一押しお願い致します

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

通信 第25号 ドスドスハフハフ

どうもです
やまねこ@白みそが好きです





今回は久しぶりにちびねこが生まれたころの話です

Junyu1_a


出産前は、母乳はほっといても出るくらいに思ってたので、あれ?という感じでしたが、
母乳が出るようになるまでは、ちびねこにでっかくなってもらえるように
ミルクとタッグを組んで助けてもらったような気持ちでした
ミルク、どうもありがとう(・ω・*)





母乳やミルクを飲むとき、ちびねこはあんまりじっとしてないでいろんな動きをしてました

Junyu1_b1


Junyu1_b2


うまく飲めてるときはご機嫌なのですが、まだ小さくて上手に飲めなかったころは
たまにプンプンしてました

Junyu1_c_3

これが意外と痛かった…
おなかの中にいるときから、胎動キックがハンパなかったので、練習の成果を
外界で試していたのかもしれません(・ω・;)


Junyu1_d1

Junyu1_d2

終わりだと思うと、焦って飲み出すこの性格

制限時間付きの食べ放題に行って、もうあらかた食べたのにラスト30分になると
慌ててまた食べ出す自分を見ているようだ…
似ないでもよかったところが似ているような気がします(・ω・;)




授乳時間が終わっても、なかなか哺乳瓶や乳首を離さないちびねこ…
歯もまだ生えてなかったのに、なんでこんなに力強いんだっていうくらいのハイパワー
毎回、授乳が終わるのにひと騒ぎでした(・ω・;)


Junyu1_e

ちびねこが今より小さかったころは、しょっちゅうこの歌が頭の中を流れてました・・・
この歌、小学生のときによく弟たちと歌ってたのですが、今思うと小学生女子が大声で
歌ってて良かったんだろうか…

大体ABCの海岸ってどこなんだ
AKBが秋葉なら、ABCは…え、、、恵比寿…(・ω・;;)?
海岸はないはずの都会で繰り広げられるカニとの攻防を一瞬妄想してしまいました
恵比寿さん、ごめんなさい


この歌、歌ってる子供たちは全く無頓着でしたが、聞いてる周りの大人たちの方が
内心困っていたのかもしれません(・ω・;)







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


いつもたくさんの楽しいコメントを残して下さって、ほんとにありがとうございます^m^
全部のコメントを拝見するのがいつもすごく楽しみで励みになっております

拝見しながら、爆笑したり気づいてなかった事に「あっ!」と思ったり、
補足して頂いたような気持ちになったり、ほんとに毎回楽しみです
皆さんのコメント込みで、記事が毎回出来上がってるような気分にいつもなります

そんな気持ちでブログをずっと続けてきたのですが、
せっかく頂いたコメントに、お返事が遅くなったりしてしまう事が多くて、
いつも申し訳なく思っております;;
いろいろ考えて、しばらくコメント欄を閉じさせて頂いております

遊びに来て下さる皆さんとは、これからもずっと仲良くさせて頂けたら嬉しいです
いつも本当にありがとうございます&これからもどうぞよろしくお願い致します^m^



やまねこ より

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





↓よろしかったら一押しお願い致します

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

通信 第11号 ペタペタ

どうもです
やまねこ@風船をふくらまして息切れ…運動不足を感じました



前回はちびねこにお祝いのコメントをありがとうございました^m^
たくさんの皆さんに優しい言葉を頂いて、ちびねこは幸せな赤ん坊です
いつかちびねこがもっと大きくなったら、頂いた全部の言葉を
大事に読んであげようと思います
本当にありがとうございました



お返事代わりにちびねこ1歳の手を載せようと思ったのですが…

カメラに向かってとにかく指(・ω・)
シャッターを切る前に指
指の写真しか撮れませんでした…


というわけで指のどアップです。。。
ある意味、これ以上ないくらいの接写になりました(・ω・;;)


ドーン

Yubi_3

笑ゥせぇるすマンも驚愕のドーン(・ω・;)
この勢いで寝ている私の目や口に指を突っ込むので恐ろしいです
ちなみにちびねこドーンは本家と違って何の効力もないのでご安心下さい(・ω・*)




悪戦苦闘しているうちに、足を撮ればいいんだと思いつきました
押してだめなら引いてみな…方式です(なんか違う)



ちびねこの視界に入らないように背後から死角に回り込む私

カシャッ

なんとか撮影成功です



111202_165522

…あれっ
この構図、どこかで見たような気がする…

過去の写真を引っ張り出してみたら、生まれた直後に撮った写真と似ていました





110103_150836


蹴りを繰り出す直前の構えΣ(゚д゚lll)

やっぱりこの構えは1年経っても健在だったようです





話は変わって…
気づけばもうクリスマスも間近ですね


今年はちびねこが立体物はぶっ倒しそうなので、平面世界で飾り付けをしてみました(・ω・*)
3D全盛の時代に、2Dへ逆行しています・・・


壁に貼ってもOKなウォールシートというものの存在をたまたま知ったので、
いろんなところにペタペタ貼り付けてみました




まずはカーテンレールの上方にサンタ襲来


111202_135700

111202_135540

まあほのぼの…という感じですが、実際貼る時には結構高い場所だったので、
椅子の上に登って「おっとっと…Σ(゚д゚lll)」という感じで貼り付けました

全体のバランスを確かめる余裕もなく、バン!みたいな感じで貼り付けていったので、
どうにか見られるポジションに貼れたのは奇跡です
貼れたこと自体がもうサンタの恩恵なのかもしれません(・ω・;)



次に貼る場所を探して、ハンターのように部屋中を物色…(壁限定)
と言っても狭い部屋なのですぐ終了


狙いはカレンダーの上に定まりました



111202_135755


普通です


でもよく見るとプレゼントの方がもみの木よりでかい・・・
何が入ってるんだろう
原寸大のガンダムだったりして(・ω・)



お次はクリスマスツリーの登場です
立体のツリーを飾ったら確実にちびねこの餌食になりそうなので、平面ツリーでクリスマス気分です



111202_135357_2

貼ってみたら意外とでかい


マガジンと比べてみました…



111203_001805

結構な存在感です
平面でよかったとしみじみ思いました(・ω・)


このツリー、よく見るとひとつひとつのパーツがプレゼントで出来ています

111203_001937


111203_001915

あらまー 可愛い…
とほのぼの気分になったかと思いきや、どのプレゼントが一番大きいか真剣に探してしまいました
つい大きさでプレゼントを選んでしまう…
「すずめのお宿」で大きいつづらを選んでしまうタイプです(´Д⊂)

ちなみに一番大きいのは下から三段目の真ん中の緑色の包みだと思います…(私調べ)



しかしせっかく貼ったのに、ちびねこは全然興味を示してくれない…
ちょっと寂しくなっていたら、この後すぐにちびねこが興味を持つような事が起きました



ひとまず休憩しようと思って、麦茶のなみなみ入ったカップを持って戻ってきたら、
手が滑ってツリーの前で落下Σ(゚д゚lll)


幸いカップは割れなかったのですが、大量の麦茶が床一面に飛び散って、
ツリーの壁にも薄ーーい返り血のように点々と・・・(・ω・;;)


大慌てで雑巾を取りに行って引き返してくると、そこには喜色満面で麦茶の湖に向かって
猛突進してくるちびねこの姿がΣ(゚д゚lll)


やーめーろーー

さっきは全然興味示さなかったくせに…(´Д⊂)

期せずして、「ドキッ!赤子一人の大水泳大会!ポロリはないです」が開催されました…

クリスマスシーズンなのに水遊び
ここはオーストラリアなのか、、、濡れたちびねこをお風呂に入れながら、
一瞬妄想に走ってしまいそうになりました




そんなちびねこですが。。。
枕元には一応靴下を飾ってみました



111202_140025

普段、和室に布団を敷いて寝ているので、畳の部屋に思いっきり西洋的な靴下
すごい違和感だ…


しかしこれにはちびねこは興味を持ったらしく、すぐさま近寄ってきました

111202_140245


お前……
靴下を片一方どこへやった(・ω・;;)

ちょうど壁に靴下がひとつ…と思ったけど、さすがに平面なので履かせられない


・・・
今年のプレゼントは靴下の中に靴下を入れてあげようと思います(・ω・)










↓よろしかったら一押しお願い致します

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

通信 第10号 ミラクル

どうもです
やまねこ@足元でちびねこが私の足をかじってます


…↑ここまで書いたところでちびねこがぐずり赤子になったので、
寝かしつけてまたPCの前に舞い戻ってまいりました

(・ω・)
「舞い戻る」ってどういう意味だろう・・・
踊りながら戻ってくるんだろうか、、、相当いいことあった感じ
ミュージカルなんかで、登場人物が嬉しくなって歌いながらくるくる踊ってるシーンが
頭に浮かびます
私の場合、歌い踊ったら寝た子が確実に起きるので忍び足…
舞い戻る改め、忍び戻ってまいりましたに訂正しようと思います(・ω・;)


ってしょっぱなから何を書いてるんだ
全然別のことを書くはずが(・ω・;;)



気を取り直して・・・

おかげさまで、先日ちびねこが1歳の誕生日を迎えることが出来ました

ちびねこと初めて対面してから約365日が過ぎました
長いのか短いのかよく分からないのですが、とりあえず最初の1周目を
回ったんだなあという気持ちです
1日が集まって週になって、週が集まって月になって、
月が集まると1年になるんだという当たり前のことを、子供を見てると改めて、
なるほどそういう風に月日は経っていくのかーと思います


メガネコは国内にあまりいないのですが、ちびねこの誕生日に大慌てで帰ってきて、
また大慌てで飛行機に乗って出発していきました
大慌てし過ぎて、おやつに買ったパイの実を忘れていきました(・ω・)


ちなみに感動の対面と思いきや、

久しぶりに会って一瞬固まるちびねこ

それを見てショックで固まるメガネコ

それを見ている私・・・思わず「 見合って見合って~ 」と相撲の行司気分
どっちもなんとなく気の毒になりました(・ω・;;)


そんなわけで、2周目もちびねこと一緒に頑張ろうと思います
普段は基本的にテンションが低めなのですが、赤子のテンションに戸惑いつつも
ついて行きたいと思います⊂((((^ω^))))⊃(^ω^;;;)





ここで終わり…ではなく、まだ続きます。。。

今回はアホみたいな話です

Ikuji2_1

Ikuji2_2_2

残念ながら現在は無料エステ(?)の恩恵は終わってしまった模様です。。。



当時は喜んで万歳三唱モードです
思いっきり万歳しても大丈夫…ってなんのこっちゃ(・ω・)

Ikuji2_3


Ikuji2_4

ちびねこもきっと母親が波平は嫌だと思います。。。

Ikuji2_5


Ikuji2_6

南国時代に、恥骨激痛話を書いた辺りから恥じらいが薄れてきたような。。。
ナポレオンなら、「我輩の辞書には不可能という文字はない」ですが、、、
家の辞書からは「恥じらい」という項目がいつの間にか消えてなくなってるかもしれません










↓よろしかったら一押しお願い致します

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (30) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

通信 第9号 沐浴と肉まん

どうもです
やまねこ@前回の更新日は、「かまぼこの日」だったのにすっかり忘れてた…!!
・・・申し訳なくてかまぼこに顔向けできない気持ちです(・ω・。)




今回は、ちびねことの生活が始まった頃にさかのぼって描いてみたいと思います

Mokuyoku_a1

Mokuyoku_a2

赤ん坊もお腹の中にいる時には、そんなにはすることもなかったと思うのですが、
生まれた途端に毎日お風呂に入ったり服を着たりお乳を飲んだり、なんだかんだと
忙しくなったもんだと驚いているのかもしれません(・ω・)



新生児育児の中でも、特に沐浴は緊張しました…

Mokuyoku_a3

新生児をお風呂に入れることを、「 沐浴 」と言うことも妊娠出産時代に初めて知りました…

「 沐浴 」というと、何となくインドなどでお清めのために河に入るようなイメージがあったので、
「赤ん坊を清める…Σ(゚д゚)」 みたいな気分に勝手になって、余計に緊張したのかもしれません


Mokuyoku_a4

Mokuyoku_a5

Mokuyoku_b1

Mokuyoku_b2

沐浴時代が終わり、今はお風呂時代なのですが、、、
毎日の事なのに未だに私はお風呂任務が結構苦手であります。。。(なぜかケロロ軍曹口調)

今でもお風呂に入れ終わると「 お風呂終わった…!! 」と単純に喜んでしまいます



Mokuyoku_b3


湯上りのホカホカした丸い顔を見ると、つい肉まんを連想してしまいます



そういえば九州にいた頃は、コンビニで肉まんを買うと小袋に入ったタレが付いてきました
そしておでんには柚子こしょうの小袋が付いていました
あれは九州だけだったのか気になります(・ω・)

他にもその地方ならではの珍しい小袋が付いてきたりするんだろうか…
「珍しい中華まんやおでんの具」も知りたいけど、「珍しい小袋」にも興味がわいてきました


もし日本各地の「 肉まん&おでん添付小袋ガイドマップ 」があったらぜひ見てみたいです(・ω・)









↓よろしかったら一押しお願い致します

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

通信 第6号 ちびねこ出現 その4

どうもです
やまねこ@ちびねこ出現編 その4です


皆さんからのコメントにもあったのですが、『ちびねこ出現編』のはずが、
なかなか本題に入れない・・・


タイトルはそれぞれ、
『 かいしんのいちげき 』、『 きっと来る 』、『 人間になりたい 』 にした方が
良かったかもしれません…

引越ししても、一直線にゴールにたどり着けないところは変わってないみたいです(・ω・;)




そんなこんなで、前回からの続きです

Shussan_c1

リング部屋にいるのが恐ろしかったので、別の場所に移動できるのが単純に嬉しかったです…




そして2、3時間後。。。

Shussan_c2

・・・陣痛時の印象が強過ぎて、出産時はあっという間に終わったような気がします(・ω・;)

Shussan_c2_2

せっかくの誕生シーンなのに、、、
感動の場面のはずが、一瞬にしてへなちょこな空気が漂ってしまいました



それでも気を取り直して、ちびねことの初対面です

Shussan_c3_2

…赤ん坊って温かいという当たり前のことに思わず驚いてしまいました
生まれた瞬間は泣いていましたが、胸の上にいる時は意外と落ち着いているのにも驚きました
私の方がよっぽどドギマギしている…どっちが大人なんだか分かりません(・ω・)



温かくて驚いたと言えば、思い出したことがあります

Shussan_c4

よく考えたら、牛からしぼりたてのお乳が冷たく冷えてたら変なのか…
お母さん牛のお乳が冷え冷えだったら、牛の赤ちゃんもビックリしそうです





そして数日後、無事に退院することが出来ました

Shussan_c5

出かける時にはお腹の中にいた生き物が、帰ってきた時には外の世界にいるのが
なんとも不思議に思えたのは、今でも何となく覚えています。。。


自分の身体の中で、一番近くにいる時はさわれないのに、外の世界に出てきて自分と離れて
別の生き物になった途端にさわれるようになったのも不思議な感じがしました


何で泣いたのかは自分でもよく分からないのですが、、、
ちびねこはお腹がすくと泣くので、私もこのとき空腹だったのかもしれません(・ω・)


☆ちびねこ出現編、長々と読んで下さってありがとうございました








↓よろしかったら一押しお願い致します

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (29) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

日記・コラム・つぶやき | 育児