« 新参者? | トップページ | 茶畑のこと »

2008年11月 7日 (金)

CPPキャットショー

11月の1日と2日に東日本橋で開かれた“キャッツ・パラダイス・パーティー”のキャットショーに行ってきました。

このショーは、猫を審査するリングに出すと「うまか棒」等のお菓子を参加賞としてニンズが貰えるのが特徴。 ロゼッタ(入賞リボン)にも小袋に入ったお菓子が付いています。Dsc_4093 (これひとつひとつのロゼッタに付けるの凄く大変なはず。 頂けたとしても、もったいなくて食べられない)

が、前の日、ハロウィーンの日の夕方ケル吉が茶畑への逃亡を図ったりしたため、人も猫もテンションが低いまま当日の朝を迎えました。

会場には少し早めに着いたのですが、ケージに入ったら直ぐに寝始め、審査が始まってもケージにしがみついて出たがらない。 
このブモーっとした顔。

Dsc_3969


「また伸ばすのー? ああ、早く帰りたい


気のせいかとも思うのだが、アルの調子や気分がのっていない時には彼の毛の色のコントラストが薄くなるような気がしてならない。 家で機嫌が良い時には、毛の黒い部分が真っ黒なのだが。

さすがに、9月から11月のはじめまで、2週間に1回以上のペースで書ーに出続けたら嫌になっても不思議ない。 ケージで寝こける彼を見て申し訳なくなってしまった。 ショー会場では猫のグッズも色々あって、お詫びに猫用ベッドを買ってしまった。

こんな時は時間の経つのが遅い。 睡魔に襲われながらアルも私もボケーっと。

キャットショーのキツン部門は、生後4ヶ月から8ヶ月未満まで。 アルは9月に月齢6ヶ月でデビュー。 キツン部門に参加できるのも11月9日のショーが最後。

キツンの順位は入賞30回分の得点数で決まる。 31回以上入賞すると、得点の高い方に書き換えられて行く。 つまりは、上位30回分の入賞点数でキツンの順位が決まる。 

前回のショーまででアルが入賞した回数は28回。 あと2回入賞を目指して参加したのだが、人もアルも気が入っていない。 一日目のリング(審査場)は8つ。 どうにかこうにかロング・ヘア(長毛部門)で一回5位に入賞。 


Dsc_4106
「もういいよ〜 ベッドも買ったし、帰ろうよ〜」




明けて2日目。 

今日もやる気なさそうなアル。

それでも、彼が好きな(たぶん)ジャッジのリングでは、急にシャキンとしてポースを取ってくれた。Dsc_4088

「この人のためになら、頑張れる! ボクの女神様

そしてもう一人の女神様のリングでも・・・

Dsc_4180「好き! シッポをぴんと伸ばしちゃうぐらい好きだよ

この時は、何となくアルかららぶらぶ光線が発射されている気がしたほど。 (正直ちょっぴり妬けるました)

2日目は、短毛、長毛あわせたキツン部門で3位、長毛キツン部門で5位になり、目標の30回入賞をクリア。

Dsc_4108「ニンズのリクエストにコタエタゾ! もうほっといて!!」

本当にお疲れさま。

どうやらアルはお年頃になったようで、キャットショーから戻ってこのかた、家の女の子達を追いかけ回しています。

子猫の時代はこんなにも短いとは・・・

次はチャンピオンシップへのエントリー。 ショーはまだしばらく続くのに、彼は青春まっただ中。


« 新参者? | トップページ | 茶畑のこと »

コメント

こんにちは。アルちゃん、ユカリさま、お疲れさまでした。以前、アメリカでの猫の品評会(表現がもろ昭和です)に次々と参加する飼い主たちのドキュメンタリーを見たことがあります。飼い主さんたちは楽しんでましたが、かなり体力、財力がいるようでした。ショーで勝たせたいという願いももちろんですが、何よりも飼い主さんたちの愛情がビシバシと伝わってきました。マイケルくんの茶畑脱走には笑ってしまいました。

投稿: ねこばば | 2008年11月 7日 (金) 13時23分

ねこばばさん

アメリカの品評会見たことがないのですが、凄い数の猫さん達だったんでしょうね。 日本の品評会は、平均70頭ぐらいが参加します。 本当は基本誰でも出せるのですが、どうしても敷居が高いイメージや初めてだとわからないことだらけ、それから参加費(出陳代)が高い等で出てくる猫ちゃんが減ってしまっているようです。ショー見る愛情は本当に様々です。 ウチの場合は、「皆可愛いけど、うちの子も中々」ということを再確認する場となっています。 あと、例えばメインクーンが特にかかりやすい病気のことや、日常の世話の仕方などいろいろなことを教えてもらう場になっています。
週末は、アルのキツン最後のショー参加で福岡まで行ってきました。 アルは普段通りでしたが、本当は大迷惑だったのかもしれません。 完全に人間のわがままです。 実はいつもここらへんのことで、気持ちが揺れます。それでも、他のブリーダーさんやジャッジさんからいろいろなことを学んできました。 いつか気が向いたら、キャットショーにも遊びに来てください。

長くなりすみません。
ユカリ

投稿: ユカリ | 2008年11月10日 (月) 08時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CPPキャットショー:

« 新参者? | トップページ | 茶畑のこと »